何でも書くよ!

福岡在住の会社員、「KJ」の散財しまくりブログ。山登り、温泉、ケータイ、カメラ、家電ネタなど
2

RockDiskNext カスタマイズ まとめ

RockDiskNextの記事をこれまで色々書いてきた。

今現在、どんな状態なのかを結論から書くと、

これまでの不調がウソのように「超安定」。

まとめとして、過去記事と比較して、変更した点を記載する。

TCP Segmentation Offload(Generic Segmentation Offload)
samba
openssl
設置場所の変更
終わりに


■TCP Segmentation Offload(Generic Segmentation Offload)


この修正が一番効果があったと思われる。ethtoolでパラメータをよく見てみると、

$ ethtool -k eth0
Offload parameters for eth0:
Cannot get device flags: Operation not supported
Cannot get device GRO settings: Operation not permitted
rx-checksumming: on
tx-checksumming: on
scatter-gather: off
tcp-segmentation-offload: off
udp-fragmentation-offload: off
generic-segmentation-offload: on ★
generic-receive-offload: off
large-receive-offload: off

generic-segmentation-offloadが有効になっている。これを無効化する。

$ sudo ethtool -K eth0 rx off tx off tso off gso off

RockDiskNext起動時に有効にさせるため、/etc/rc.localにも同様の修正。

/usr/bin/nas-tr -d /etc/nas >/dev/null 2>&1 &
touch /var/lock/subsys/local
swapon -a

/sbin/ethtool -K eth0 rx off tx off tso off gso off

さらに、自前で作っていたスクリプトを毎朝5時にcronで動かしていたのだが、
そのスクリプトにethtoolコマンドを入れ忘れていたので、以下のように修正。

$ cat /etc/ifdown_up.sh
#!/bin/sh

ifdown eth0 && ifup eth0
ethtool -K eth0 rx off tx off tso off gso off

Windows10側も念のためTSOが無効化されていることを確認。
コマンドプロンプトにて、「netsh int ip show offload」を実行し、
何も表示されなければOK。

show_offload.png


■samba


前回の記事を書いた後、しばらく安定していたが、また不安定となった。
以前も試したのだが、RockDiskNextを工場出荷時に戻してみた。(サポートページ

工場出荷時に戻ったはずなので、またtelnetか・・・と思い、telnetで接続するも
つながらない。結果、telnetは無効化されたままで、sshが生きたまま。
他の設定もほぼそのままだったが、smb.confの設定は工場出荷時に戻り、
他にも、nmbを無効化していたのも戻っていた。

この工場出荷に戻す機能、ちゃんと機能しているのか、超怪しい。

現状、sambaの設定は工場出荷時のままにしている。


■openssl


hkatoさまからコメントを頂き、RedSleeveで提供されているパッケージを導入した。

http://ftp.linux.org.uk/pub/linux/arm/fedora/
pub/fedora/linux/releases/12/Everything/arm/os/Packages/


make-3.81-18.fc12.armv5tel.rpm

http://ftp.redsleeve.org/pub/el6/latest/base/RPMS/

openssh-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm
openssh-server-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm
libssh2-1.4.2-1.el6.1.armv5tel.rpm
openssh-clients-5.3p1-112.el6.armv5tel.rpm

http://ftp.redsleeve.org/pub/el6/latest/updates/RPMS/

openssl-1.0.1e-42.el6.4.armv5tel.rpm

上記パッケージを入手しインストール。

$ sudo rpm -Uvh *
Preparing...         ########################################### [100%]
  1:make             ########################################### [ 17%]
  2:openssl          ########################################### [ 33%]
  3:openssh          ########################################### [ 50%]
  4:libssh2          ########################################### [ 67%]
  5:openssh-clients  ########################################### [ 83%]
  6:openssh-server   ########################################### [100%]



■設置場所の変更


以前はWG1200HPに接続していたのだが、先般、導入したBHR-4GRV2に接続した。
これによって、宅内は無線接続区間を除いて、有線LANはほぼ100%Gigabit化。

 myNetwork.jpg

この際、RockDiskNextにつないでいたLANケーブルを変えたので効果があったのかも。
もしくは、WG1200HPへの接続が不安定だったのかもしれない。
(事実、WG1200HPは何度も有線LANの接続向上のファームウェアアップデートが出ている。)


■終わりに


あまりにも不安定で、synolgyやQNAPのNASを物色していたが、
安定稼働してくれたので、とりあえず一安心。

iodataさま、アップデータ等公開しませんか?もしくはSDKを出してもらえませんかね。
有志の方々がいろいろ直してくれると思いますけど。
ソース公開できない(GPL違反)とか、上場企業としてありえない。
関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

-2 Comments

hkato says..."QEMUで"
>iodataさま、アップデータ等公開しませんか?もしくはSDKを出してもらえませんかね。

いまさら出るわけもないので^^;
QEMUのARMエミュレーション環境でRPMをビルドできるようにしてみました^^;
http://qiita.com/hkato/items/90f71ea78fd6916bfd45

これで容量さえ許せば取り残されたパッケージをアップデートできるはず。
# yum消そうかなぁ
2016.08.15 02:14 | URL | #- [edit]
KJ says..."Re: QEMUで"
hkatoさま

コメントありがとうございました。
QEMU、初耳でした。勉強になります!

> QEMUのARMエミュレーション環境でRPMをビルドできるようにしてみました^^;
> http://qiita.com/hkato/items/90f71ea78fd6916bfd45
2016.08.15 11:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://athlonhappy.blog110.fc2.com/tb.php/425-ea88c5c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。